インテークマニホールド交換!【BMW F650】絶好調になったビッグシングル


BMW F650 インテークマニホールド

前回の【アイドリング不整脈】からの続きです。愛車【BMW F650】の不調というか故障はインテークマニホールドが裂けたのが原因と判明。

eBayで購入したパーツが届いた!

当初ヤフオクでパーツを探すものの出品はなかった。やはりディーラーに持って行かないとダメかな?と思っていたら、マニアックなベンツに乗っている方から【FaceBook】を通じて「海外製の車、バイクはeBayの方が中古パーツの出品がありますよ!」と教えていただいた。探してみるとインテークマニホールドの出品は2点あった!海外発送可能なところから購入しました。値段は送料込みで1万8千円ぐらい。これが高いか安いかわからないんだけど・・・まあ、ディーラーよりは安いのではないかな?このパーツはドイツから10日間ほどの時間で届きました。

BMW F650 インテークマニホールド

ちゃんと届いてホッとしたところだけど、中身を見ないと安心できない。開けてみるとちゃんとパッキングされたものが出てきた。

かなりキレイ!新品じゃね?

説明書きには中古パーツともコンディションのことは書いてなかった。まあ、中古は中古なのだけど、取り付けた形跡は残っていない。どうやら未使用パーツのようだ。

BMW F650 インテークマニホールド

エンジン周りのパーツは「メイド・イン・オーストリア」なのだ。【BMW F650】はエンジンはオーストリアのロータックス製。ヘッド周りの設計はBMWが行い、当時のスポーツカーMシリーズのノウハウが使われた、とあります。650ccのビッグシングルだけど、回転の伸びが気持ちいいハイパフォーマンスエンジンなのだ。今時のバイクのようなハイパワーはないけど、下からモリモリとトルクが湧き出てくるエンジンは楽チンだぞ。

BMW F650 インテークマニホールド

交換パーツを持って行きつけの【トラクションスポーツ】さんへバイクを持ち込む。

サクッと交換してくれました。

インテークマニホールドは交換、あとこの機会にオイル交換も行いました。「ちょっと時間かかるかなあ?」という予測とは裏腹にサクッと交換してくれました。オイルの交換の際に「どのくらい量いれますか?」と電話がありましたがけど「わからないから、出た量と同じだけ入れてー」というアバウトなオーダーに応えていただきました。

BMW F650 インテークマニホールドBMW F650 インテークマニホールド

これが交換したインテークマニホールド。ツインキャブなので二股なのだが、おそらく低速用のキャブレター側がパックリ裂けている。しかも内側の層もボロボロになって外れている。これでは不調になってもしょうがない。たとえ裂けてなくても、エアクリーナーからの空気がちゃんと流れてこない状態だっただろう。見えないところでかなりボロボロになっていたのだ。走行6万キロだけど、年式でいうと約20年前のバイクだ。そりゃこの辺も傷んでしまうよね。

BMW F650 インテークマニホールド

そんなこんなでパーツ交換が終わってすっかり快調になりました。

これまでの全ての不調の原因がココか?

そんな勢いで調子が良くなりました。確かにこれまでアイドリングは安定しにくかったし、低速でちょっともたついたりもしていた。しかし!インテークマニホールド交換後は全然なくなった。印象的には「生まれ変わった?」と思うほど。ひょっとしたら燃費も向上しているかもしれない。

あとエンジンオイルが滲んでドレンボルトにかけてポタリと流れていましたが、オイル交換後はまだこの現象は起きていない。前回はBMWディーラーで交換して「今の」BMW純正オイルを投入したのだが、そのオイルは滑らかすぎてたのかもしれない。なんせ古いバイクだからね、そんなこともあるでしょう。




コメントを残す