お菓子?いや、フィギュア詰め合わせ!【海洋堂ホビー館・四万十】お土産を開封!



海洋堂ホビー館・四万十

高知県は四万十市にあります【海洋堂ホビー館・四万十】に行ってきました。目当ては「情景家アラーキーの凄い!ジオラマ展」と「リアルな3号戦車」です。

四万十、すごく良かった!

ホビー館で見たかったものが見れたのも良かったんですけど、何より四万十の大自然が良かった。かなり僻地にあるミュージアムだけど、田舎ならではの空気や自然を楽しむことができました。で、ミュージアムでお土産にと「フィギュア詰め合わせ」を買ってきました。中身は何が入っているのか?開封してみます。


一見、お菓子か?と思うようなパッケージ。

こういうデザインが上手いよね。

海洋堂さんはこういうパッケージデザインが本当に上手いと思います。だからこそフィギュアが身近なものになる市場を築けたのだろう。洗練されたパッケージデザインだから「なんだ?」と多くの人が手に取ったんだと想像します。狭いマーケットから飛び出したからこそ認知度も高く一般化したのだ。

海洋堂ホビー館・四万十

詰め合わせの中身はこれまで商品化されたガチャなどのフィギュアたち。持ってないものばかりでした。

遊び心があるからできることだね。

このお土産はホビー館ならではのもの。アイデアも面白いし、遊び心がないと実現しないだろう。

同じくお土産で買ってきた【ピンクのニホンザル】は棚に置いております。こっちもどこかに飾ろうかな?「不思議の国のアリス」フィギュアはかなり気に入りました。このシリーズは集めたくなっちゃったな。まだ売ってるのだろうか?【フィギュアミュージアム黒壁】にはガチャが置いてあったような気がするが・・・?



コメントを残す