ガニ股と小股で登れ!【富士登山②】なんとか7号目に到着?



富士登山シリーズ2回目!【前回は都内集合から富士登山道入口】という内容でした。

今回は登ります!

登山道から険しくなっていく足元と傾斜。いよいよ富士登山らしくなってきます。しかし、それはまだ富士登山の始まりに過ぎなかった・・・


5合目まではクルマで楽チン。そこから登山道までは登りなどもなく、どっちかというと平坦な道。

吉田口からが登山の始まりだった。

登山道の入り口までは観光気分で来れる場所。天候の移り変わりもどんどん激しくなっていく。

富士登山

霧が出てきて・・・と思っていたら、これは雲か?俺たちは雲の中にいるのか?なんせ標高は2000メートルを越えています。流れてくる霧は「雲」ってことなのだろう。

富士登山

おっさんたちはそれぞれのペースで登ります。富士登山45回目の【とびちゃん】がいるので頼もしい。最後尾の【秋葉仁】さんのケアをしつつ登ってくれています。

富士登山

この日の目的地は7合目の【東洋館】という山小屋。7合目とはいえ結構上の方で、むしろ8合目の手前と言っても良い場所。岩場の連続にヤラれつつ、休憩しながら登っていきます。

傾斜もどんどんキツくなるよね。

岩場が始まる辺りから傾斜がキツくなっていきます。ガイドさんの話を横で聞くと「手をついて登った方が楽」だと。小股・ガニ股で細かく登って、できるだけ体力を使わないようにするべし、だと。張り切って大股で足を上げて登ったら疲れるし、バランスを崩すとひっくり返って転がり落ちる危険性もあります。

富士登山

この日は天気が良かったので快適な登山ができました。霧が出たり風が吹いたりはしたけど、雨も降らず温暖な天候で助かりました。動画の中でも言ってますが「Tシャツにパーカー」という軽装で登ることができたのはありがたかった。

こんな感じで無事7合目の「トモエ館」でクリームパンを堪能できました。ここまでは結構スムーズに登れております。さて富士登山シリーズ、次回もお楽しみに!





コメントを残す