大正10年(1921年)建造の博物館!【高野山霊宝館】国宝・重要文化財を展示する貴重な木造建築でした。




高野山

先日、高野山に行ってきました。
開創1200年の大法会に行ってきたんですけどね。

高野山霊宝館にも初めて行きました。

高野山には数回行ってますが、ここを訪れたのは初めて。
有志と金剛峰寺によって建てられた博物館。
高野山の国宝や重要文化財を収蔵している施設です。

高野山
高野山

入口から苔と木々の間を抜けて本館へ。

大法会にあわせ秘宝が公開されているのです。

収蔵庫で保管されている貴重な仏像や絵画。
特別展として公開されておりました。

高野山

展示内容もすごいが、なによりも建物がすごい。

巨大な木造建築、仏殿を意識したデザイン。

収蔵する貴重な文化財のことも考え、温度・湿気などの対策も考えられた造り。
密教・仏教・高野山テイストが入りまくった博物館です。

高野山

奥に見えるのが回廊になっている創立時からの建物。

しっくい壁がとてつもなく分厚い。

天井も高く、その作りは荘厳です。
歴史の重さも感じれる雰囲気。
平等院を参考にデザインされたとも書いてありました。

高野山

新しく増設された収蔵庫もあります。
こちらは近代施設ですが、なじむようデザインされています。

展示も良いが、建物も良い。

見に来れて良かったですよ。
世界遺産・高野山きっぷだと割引特典があります。
立ち寄ってみることをオススメしますよ。