趣深いアンティークな宿?【東京さぬき倶楽部】で讃岐うどんのお土産もらおう。




東京さぬき倶楽部

ちょっと東京まで打ち合わせなどで出かけていました。

富士山が綺麗に見えた。

大阪国際空港からのフライトは晴天に恵まれました。この日はANA往復とホテルのパックで予約。宿泊は【東京さぬき倶楽部】という興味深い名前のホテルなのだ。

東京さぬき倶楽部

所用を済ませてホテルに到着。地下鉄・大江戸線「麻布十番」駅から歩いて5分程度でした。

なんとも趣深い雰囲気。

周りは住宅地で、でかいマンションに囲まれていました。東京タワーも近いですね。そんな場所に古い洋館風の建物が建っておりました。

東京さぬき倶楽部

なんで「さぬき倶楽部」という名前なのか?それは香川の指名度アップに協力する「さぬき大使館」に任命されたかららしい。

うどん県の大使館なんだな。

建物はなんだか懐かしい雰囲気です。一人で宿泊しましたが、いろんなところが合宿所みたいな感じでした。風呂もトイレも共同です。

東京さぬき倶楽部

申し込む時にお土産付きプランというのを選びました。

さぬきうどんがお土産でついてきます。

もらったものの結構な荷物になることに気づく。箱はバラして中身だけリュックに詰めて持って帰りました。こういうところも「うどん県」らしいオプションと言えますね。

東京さぬき倶楽部

シングルの部屋はこじんまりと、そしてアンティークな内装。残念ながらWiFiは使えない。ホテルというより「ホテル旅館」と言った方がいいかな?

庭が気持ちよさそうだった。

別館のある庭園はすごく雰囲気のある場所でした。ここは何かとアンティークな雰囲気があるホテルですね。春から夏には「ビア庭園」なるものもあるようです。しかし、期待していた朝食のうどんは・・・かなり普通でした。やっぱりあのコシがあるうどんは香川でしか食えないのだろうか・・・大使館でも無理なのだろうか?




コメントを残す