【ネタバレなし】スカヨハ攻殻どうよ?ゴースト・イン・ザ・シェル【GHOST IN THE SHELL】公開日に見てきた!




本日から劇場公開されている「ゴースト・イン・ザ・シェル」を見てきました。

実写版「攻殻機動隊」である。

スカーレット・ヨハンソン主演の実写映画。ビートたけしさんも荒巻課長役で出演されています。ネタバレなしの感想は動画で見てね。


何より感じたのは原作・アニメへのリスペクト。それは画角やカット割り、セリフに現れていた。あの世界を実写化するなんて、大変だったろうなーと思う。でも見応えのある映像に仕上がっていて「攻殻機動隊」ファンとしては満足の映画でした。

ゴーストインザシェル

「LUSY」を主演したスカヨハさん。この映画でも「攻殻機動隊」っぽい描写がたくさんあって印象的だった。彼女が草薙素子を演じるのはピッタリだと思う。

よく似てるしね!

髪型といい顔の雰囲気といい、少佐そのものだなと思えるカットも多かった。シャープなところがいいのかな?

ゴーストインザシェル

そしてアニメ「ゴースト・イン・ザ・シェル」を見たくなった。そこはかとなく実写の雰囲気のあるアニメだし、世界中の映画監督・作家たちに影響を与えた作品だ。

ゴーストインザシェル

それにしてもよく実写化したなあー。いや、実写にするならハリウッドでゴリゴリにやらないとダメだろうと思っていたので、予想通りの製作ではあるのだけど・・・監督をはじめ製作陣は本当によく「攻殻機動隊」シリーズを分析し研究したのでしょう。映画の随所にリスペクトが感じられて、好感を持って見て入られました。

キャスティングも良かったな。

少佐っぽい、バトーらしい、トグサじゃん!って感じで、キャラクターの特徴を捉えたキャスティングが見事でした。だからこそ吹き替え版が見たくなるんだよなー。ブルーレイまで待つか、もう一度劇場へ観に行くか・・・悩んじゃいます。

実写版「ゴースト・イン・ザ・シェル」予告編





コメントを残す