スナップノーズって好き!【コルト ディテクティブ 38スペシャル】タナカ ガスガン 木製グリップ付きでした。



タナカ コルト デテクティブ スペシャル

スナップノーズ、獅子鼻の拳銃。バレルが短く、携帯性が高いリボルバー。

コルト ディテクティブスペシャルです。

ディテクティブとは「刑事・探偵」のこと。私服刑事などが携帯しやすいよう開発された銃ですな。

タナカ コルト デテクティブ スペシャルタナカ コルト デテクティブ スペシャル

これはタナカのガスガン。ディテクティブスペシャルの後期型をモデルとしている。

ウォールナットの木製グリップ。

高級というより、道具感満載の無骨な感じ。質実剛健、シンプルイズベストって感じだよね。

タナカ コルト デテクティブ スペシャルタナカ コルト デテクティブ スペシャル

スウィングアウトしてみる。実銃は.38スペシャル弾を使用。装弾数は6発だ。

タナカ コルト デテクティブ スペシャル

バレルは肉厚である。

ブルバレルってヤツだな。

後期型からは肉厚仕様となったそうな。

タナカ コルト デテクティブ スペシャル

意外と無骨な木製グリップ。でも握りやすい大きさです。銃が小柄なので、グリップが大きく見えるけどね。

グッと握ってダブルアクションのトリガーを引く。このくらいだと片手でもホールド感を失わない。やはりスナップノーズは撃ちやすそうだ。

タナカ コルト デテクティブ スペシャル

マルシンの【ポリスリボルバー】と並べてみた。日本警官が使うニューナンブをモデルとしたガスガン。こちらは3インチモデルだ。

同じ弾を撃つリボルバー。

装弾数が5発なので、シリンダーがひとまわり小さい。比べるとニューナンブのほうがスマートだな。

タナカ コルト デテクティブ スペシャル

グロックG19】とも並べてみた。現在の私服警官がよく使っている銃だよ。

それほど大きさは変わらない!

並べてみてビックリだ。リボルバーの方がコンパクトだと思い込んでいた。これなら携帯性の差はそれほど無いと感じるね。やはり10発以上装弾できるオートピストルに移行するのも納得だ。

タナカ コルト デテクティブ スペシャル

しかし、リボルバーは魅力的だ。機械としてのメカニズムと無骨さ。

道具としての魅力があるよね。

オートピストルには火力、機能性ではかなわない。リボルバーが6発撃ってる間に10発以上撃てるもの。それでもリボルバーの存在感は魅力だ。やっぱ画になるんだよな。