露天風呂に滑り台が!【ゆーぷる(兵庫県淡路島)】この名前は湯とプールってことか?南淡路の心地よい温泉でした。




淡路島に行ってきました。

やはり淡路島と言えば温泉であろう。

ということで、南あわじリフレッシュ交流ハウスゆーぷるへとクルマを走らせます。

ゆーぷる

うず潮がうなりをあげる鳴門海峡大橋の近く。

橋を渡れば四国、徳島県だ。

そんな立地にある温泉です。

ゆーぷる

夕暮れ時、日暮れ前に到着。

休日とあって満車状態でした。

時間帯にもよるでしょうけど、やはり土日祝日は混むようです。
この施設には過去2回ほど来ていますが、満車になっているのは初めてだったな。

運良く5分程で駐車することができました。
だいたい20〜30台くらいの駐車場かな?

ゆーぷる

靴をロッカーに入れ、券売機で入浴券を買います。
奥には食堂、休憩スペースがある。

昔はタコの唐揚げ定食があって美味かったな。

やはり淡路島は海の幸だよな。
今はタコの唐揚げが単品で売ってます。

お風呂は内湯と露天風呂。

内湯と露天で源泉が違う。

印象としては内湯は少しヌルっと。
露天風呂はあっさり、かな。

ゆーぷる

洋風浴室の露天風呂の設備に「スベリン」ってのがある。

これは滑り台なのだ!

奇数日は男湯、偶数日は女湯となる。
漫画「テルマエロマエ」に登場した滑り台温泉みたいだぞ。

全裸ですべるって、なかなかスリリング。

なにもかも裸にならないとできない感じだぜ。
そして滑りすぎて火傷しないように注意だ!
俺は何カ所かやってしまいました・・・

ゆーぷる

露天風呂から眺める月がキレイな日でした。
昼間の風呂も気持ち良いけど、夕暮れから夜の風呂も露天格別ですな。

群青の空に浮かぶ月。

南淡路の山からの風も堪能できた。
けして広くはない施設だが、良いところに建ってる。
混んでましたが十分楽しむことができました。

淡路島

帰り道、明石海峡大橋を望む。
向こうに見えるのは神戸、明石の街だ。

キレイだな、美しいな。

淡路島ってステキだな。
またゆっくりと行きます。

南あわじリフレッシュ交流ハウスゆーぷる




コメントを残す