気分はトグサだ!【マテバ MM-2007】SF銃だと思ってたら実モデルがあるんだね。マルシン ガスガン




攻殻機動隊、大好きだ。漫画も好きだしアニメも好きだ。

とくに「S.A.C.」は最高だな。

いまは「ARISE」が面白い。その攻殻機動隊のトグサが使う銃、マテバを手に入れました。自分自身へのクリスマスプレゼントだ!という言い訳してね。

マテバ

ヤフオクで見つけたので落札!いちおう初回限定版らしい。パッケージはトグサがマテバを持っている画。トグサ、こうやってローディングしているのかな?

マテバ

オークションものなので中古なのですが、わりと美品に当たりました。大きな傷もなく、キレイなもんです。

マテバ

これがマテバか・・・変な銃だなあ。

SF感が溢れる銃である。

実銃はイタリアのオートリボルバー。リボルバーなのにオートというド変態な拳銃だ。

マテバ

大きさはコレくらい。

けっこうデカイ。

バレルの長さは6インチくらいかな?けして短くはないと思うが、実にバランスがとれている。

マテバマテバ

スイングアウトは上になります。横じゃなくて上、上にグルっと飛び出します。

なんじゃこりゃ?ってなるよ。

片手でスイングアウトして排莢っていうのは難しい。慣れたらできるようになるかな?スイングアウトした時のバランスが悪くてな。どちらかの手でシリンダーを押さえて持たないと保持できないよ。

マテバ

まあ、そんなところにもこの銃の魅力があると思います。

異形のものに惹かれてしまう。

そんな性癖がありますので、これはこれで良いものなのです。ガスガンなのでシリンダーはズっぽ抜け。シリンダーの穴越しに見通せるのが良いね。

マテバ

弾は劇中の設定では9mmパラベラムとなってます。モデルとなった実銃は.357マグナム弾です。確かに357サイズくらいのシリンダーだよな、コレは。

マテバ

カートはかなり9mmパラベラム感が出てます。BB弾を詰めるカートなのだけど、本物の9mmパラの薬莢っぽい。

ひょっとしたら本物の薬莢も入るんじゃない?

今度9mmのダミーカートを入れてみよう。このガスガンは8mmBB弾仕様。だから1mmしか違わないな。

マテバ

通常のリボルバーと違い、バレルは下についている。こうすることでリコイル、反動の軽減を狙っているらしい。確かにこうすることでグリップしている手に近づく。その分ストレートに反動を受けて、跳ね上がりを抑えられるというワケだ。

マテバ

そのせいでハンマーがこんなところにある。

普通のリボルバーと比べてかなり下だ。

この機構にあわせて銃の形状もデザインされている。こういうところも異形につながっていく。

マテバ

ハンマーを起こすとこうだ。こんなに後ろにハンマーが来るのね。グリップの後ろ、ギリギリまで下がってロックされる。ハンマーの動きのためにグリップも深く切ってあるのな。ここまでして下方バレルを実現したいのだな。設計者の思想と執念を感じる。

マテバ

シリンダーがツルンってしているのも良い。これもSF感を出しているよな。「MATEBA」の刻印も入っています。

マテバ

グリップはしやすい。太すぎず、細すぎず。

それだけで撃ちやすくなるだろう。

でも癖が強い銃だろうと予想できる。よほどハマらないと使う気にはならんだろうなあ。

マテバマテバ

しかし、カッコいい銃だ。

ビジュアルは最高やな。

たしかに作品で使おうって気になるなあー。やっぱこのバレル部分かな?シリンダーのツルンってところもピッタリだしね。

マテバ

これは初回特典の9mmマーカー弾キーホルダー。中古だけどコレもちゃんと入っていた。

こんなギラギラなん?

もはや弾というか・・・メカ感はあるけどね。つや消しスプレーでも吹いてみようかな?