旧型は売却!何を買ったの?【EOS-M】まだまだ使えるミラーレス



ミラーレスカメラとして【SONY α6300】などを使っています。小さいけれど「FHDで120P撮影」できるし、なかなか暗所性能も高くて気に入っています。主に動画カメラとして使うことが多いのですが、同じミラーレス機で所有しているカメラを全然使っていないことに気づきました。

初期型のEOS-Mなんですけどね。

中古で手にいれて数回使ったほどで、まるで活躍の場がありません。写真は綺麗に撮れるし、コンパクトでいい機体だと思うんですけどね・・・標準ズームレンズも付けたまま、カメラバックに収まったままでした。そんなことを思いつつ、コンデジ【キヤノン PowerShot SX700HS】を買い替えようかな?と考えたところに魔が差しました。ことの顛末は動画をご覧ください。


初期型のEOS-Mは¥3,000-ほどで売却。同じく使っていなかった【パナソニック GX-1】も標準ズームレンズを付けて売却し、こちらは¥9,000-ほどになりました。

差額¥13,000-ほどで購入できた。

【キヤノン EOS-M M3】ボディは中古市場では25〜35Kで推移しています。運良く最安値の中古品を手に入れることができたと思います。程度はかなりキレイでした。おそらく買ってからそれほど使ってないのでは?

キヤノンEOS-M3キヤノンEOS-M3

今更ながら【キヤノン EOS-M M3】のレビューをしてもアレなんですけど、なんせこちらは初期型からの買い替え。いろいろと進化を目の当たりにします。やはりインターフェイスはかなり使い勝手が向上していて気持ちいい。こんなダイヤルついてたら楽チンだよ。

何よりバリアングルはいいね。

とにかく液晶画面が見やすくて撮りやすい!ぐるりと180度の展開もできるし自撮りも楽々だ。オートフォーカスも優秀(前期型に比べたら)なので、全体的に使い勝手がよろしくなっている。

キヤノンEOS-M3

このコンパクトボディにAPS-Cサイズセンサーというのは魅力だ。

本当にポケットに入るしね。

この標準ズームレンズとの相性も良い。撮影する映像のシャープさ、ボケ味、コントラストの具合を見てレンズ性能の高さを感じます。やはりキヤノンさんはレンズメーカーなんだなと。

キヤノンEOS-M3

そもそもコンデジを買い替えようと考えたところから始まったのですが、思いも寄らず「戦力」を補充できた感じがしております。何より「マイク接続端子」があることは大きな要素でした。どうしても動画中心で使うことが多くなるため、音声入力が外部マイクでも行えるのはとてもありがたいのです。これはコンデジではできないことなのでね。

動画中心で使うならミラーレス機が最適!

動画を撮影する機会の多いソエジマックスですが、ミラーレス機がすっかりメイン機となっています。コンパクトで使いやすいところ、APS-Cセンサーサイズであるところ、高機能であるところが選択した要因です。一眼レフもいいんだけど、使い勝手というところでこちらに軍配が上がりますね。




コメントを残す