キーボード死亡につき【アップルワイヤレスキーボード】に更新してみた。Bought the Apple Wireless Keyboard.


長年、アップルのUSBキーボードを愛用してきました。
気に入ってたところはテンキーがあるところ。
編集とかしているときに、数値入力することがある。
この場合、テンキーがあると便利。

Apple Wireless Keyboard


しかし、ある日

ビールをキーボードにこぼしてしまった!

あわてて拭いてみるものの、調子が悪くなってしまった。
いちかばちかで水洗いも敢行。
十分乾燥させて使ってみるもダメであった。

死亡だ、死亡遊戯だ。

こりゃダメだってことで、新しいキーボードを購入することを決意。

Apple Wireless Keyboard


アップルワイヤレスキーボードの購入である。
これは現行iMacなどに標準で付いてるタイプ。
テンキーが付いてないぶんコンパクトだ。

こうして並べると大きさが全然も違うね。
アップルらしいシンプルなキーボードだ。

Apple Wireless Keyboard


左側から電池を入れます。

単三電池を2本。

うちではエネループを使ってます。
Wiiのリモコン、デジタルカメラ、キーボードと、エネループ使いまくってるわ。

Apple Wireless Keyboard


右側がパワーキーである。

アップルらしい隙間のない高品質な作り。

もちろんキータッチも良い。
アップルのキータッチに慣れると、他のマシンで満足できなくなるよね。
キーボードは使用頻度の高いインターフェイスだ。
使っていて心地よい高い操作感が、商品の満足度に直結すると思うな。

ブルートゥースでかんたん接続。
設定もあっという間にでき、問題なくワイヤレスで使用できてます。
ワイヤレスだがキー反応もまったく違和感なし。

なんだワイヤレスって便利だな。

ケーブルがないってのは心地よいものなんだな。

Apple Wireless Keyboard


soezimaxはマウスではなくペンタブレットを使っている。
いまの机の上はこんな感じ。

ワイヤレスにしたから、キーボードを片付けるのが楽。

プラモ作ったりするとき、キーボードを片付けられて便利だね。
テンキーは無くなったけど、結果的にこの大きさになって使い勝手は向上したかもしれん。

電池のもちも良いですよ。
使用して3週間くらい経つけど、まだ充電せずに使えている。