使い方を間違ってた?【SNOPPA】スマホ用3軸ジンバル M1


SNOPPA M1

前回レビューしました【SNOPPA M1】ですが、どうやら使い方を間違っていたようです。

メーカーさんから連絡ありました。

スマホを取り付ける部分、ロック機構があるのを見落としておりました。コメント欄でもその点を指摘いただきましたので、改めて動画を出してみたということなのです。試し撮りもして見ました。ぜひ動画をご覧ください。


今回は使用前に「水平調整」を行いました。これもコメント欄で「右側に傾いていませんか?」と指摘があったのです。確かに映像を見ると若干右側に傾いている。

水平基準を取り直して調整をしました。

動画内で手順を説明していますが、倒立、各側面とジンバルを水平面において調整していきます。スマホのアプリからの操作で、画像も表示されるので実にわかりやすい。簡単に調整をすることができました。

SNOPPA M1

動画内ではこの1週間、使用して見た感想も述べております。とにかく実感しているのはそのデザインの秀逸さ。

コンパクトで持ち運びしやすい。

シンプルにまとめられ、持ち出したくなるデザイン。この点はスマホ用ジンバルの他商品とは一線を画する存在となってますね。メーカーとしてもここが最大の売りでしょう。ジンバルとしての機能も十分だと感じます。

SNOPPA M1

動画内に登場した【Zhiyun Smooth-Q】の方が多機能な部分もあります。こっちには専用ケースも付いてくるし、持ち運ぶことは容易なのだけど・・・このコンパクトさには勝てないな。

ポケットに入る高機能ジンバルとしての存在感。

ペットボトルサイズ、突起物のないコンパクトなスタイル。これはスマートホンのコンパクトさ、利便性にマッチしたコンセプトだと思う。実際使ってみて、これほど持ち歩くのが苦にならない3軸ジンバルは初めてだ。




コメントを残す