とにかく劇場で!IMAXで!【ダンケルク】見るべし!



ダンケルク DANKIRK

公開初日のレイトショーに行ってきました、クリストファー・ノーラン監督の最新作「ダンケルク」です。

IMAXで見て良かった。

そう思える作品でした。というか、劇場で観れて良かったな、と。大画面、大音響で見ると得した気持ちになれる映画だ。戦場の臨場感、音、映像を体感できる。とにかく良い映画でした。


何よりも時間軸の描き方が素晴らしい。構成がうまい!おそらく話としては地味な展開なんだと思うんだけど、だからこそのリアリティと緊張感が描かれています。

飛行機がかっこいい。

イギリスの戦闘機「スピットファイヤ」の活躍、空戦シーンは最高でした。ドイツ軍側もちょこっと出てきます。

ダンケルク DANKIRK

とにかく感心したのはモブシーン。たくさんの人が動く、演技するというシーンが素晴らしい。また観に行こうかと思っちゃうな。

浜にいる兵士の1週間、船でダンケルクを往復する1日、戦闘機での1時間がうまく構成されていまして、物語が映画の中で戻ったり、重なったり、また戻ったり、また重なったりと翻弄されるようですが、それがまた引き込まれるようになってしまうのだ。とにかく劇場では味わったので、次はブルーレイで何度も見てみたいぞ。

ダンケルク予告編




コメントを残す