【カメラ】できる!バランス調整!【MG-V2】Feiyu Tech 3軸ジンバルの調整方法。




先日、3軸ジンバル【Feiyu Tech MG-V2】を購入!ついに3軸ジンバルの導入となったわけですが、この機材を使うためには「バランス調整」が必要なのです。

まず最初にカメラとジンバルのバランス調整をする。

3軸ジンバルはモーターでカメラを制御してくれます。そのモーターを効率よく動かすために搭載するカメラに合わせたセッティングが必要なのです。モーターを動かさなくてもカメラがニュートラルに保持できるようするのです。詳しくは下に書いていきますが、そのバランス調整を動画にしてみました。


動画ではスムーズに調整しているように見えますが、これは機材の取り扱いに「慣れた」からです。

たくさん使って慣れると上手くなる。

どんなカメラや機材もそうだと思いますが、練度がモノを言うことが多いです。慣れて癖をつかんでいくことで機能を最大限に使えるようになる。ことカメラや撮影機材にはこんなことが多いですよね?この3軸ジンバルも同じで、使っていくことで癖がわかるようになってきました。動画で説明してますが、こちらでもバランス調整のやり方を写真で解説していきます。

Feiyu Tech MG-V2

まずはカメラがちゃんと前を向いてキープできるようにします。プレートに固定するネジ位置を前後に調整してバランスをとっていくのです。

ソエジマックスはプレート裏に印をつけて、繰り返し使うときの目安にしています。もちろん毎回のバランス調整は必要なのですが、だいたいこのへんという目安をつけていることで効率よく作業を進めることができます。

Feiyu Tech MG-V2

続いてレンズを下に向け、ティルト軸の調整を行います。モーター側のロックを緩め、ティルト軸ごと前後に動かします。前に落ちる場合は「カメラ側」が重く、後ろに落ちる場合は「プレート側」が重いということになります。真ん中でバランスが取れるようバランス調整します。上手く調整できたらカメラを動かしてもその場所でキープできるので確認してみてください。

Feiyu Tech MG-V2

次はロール軸です。カメラを正面に向け、左右のロールが真ん中でバランスを取れるように調整していきます。

調整したらロックを締めていきますが、締め込む時にズレてしまうことがよくありました。これはロックの構造上、よく起こることのようです。しっかり締めることも大事だけどズレないようにも気をつけて、ということですね。ここはデザインを変えて改善してもらいたい部分です。

Feiyu Tech MG-V2

最後はパン軸の調整です。これはジンバルを抱えて行います。横にして調整するためジンバルを固定しずらいのです。誰かに持ってもらうとやりやすいかな?カメラを左右に振る「パン軸」はコントロール側を上にして調整します。モーター側、カメラ側のバランスを真ん中でキープできるように調整します。

Feiyu Tech MG-V2

調整のやり方は記事では説明しづらいですね。ぜひ動画をご覧ください。そっちの方がわかりやすいかと。

カメラ位置と3軸の調整ができたら初期設定は完了です。これでモーターのスイッチを入れることができます。この状態であればカメラをどの位置に持っていってもキープしてくれます。逆にバランスが取れてないとカメラはキープできず動いていってしまいます。

Feiyu Tech MG-V2

引き続きモーターのパラメーター調整も行います。これは動かした時に振動やブレが出ないようにする調整です。

スイッチを入れ各軸が動き出すと、ビビビビ!とモーターから振動が発生する時があります。特に負荷をかけた時に振動やブレが生じます。これを各軸のモーターのパラメーターを調整して解消していきます。モーターパワーを強くしたり弱くしたりして、ブレや振動が出ないようにしていきます。【DJI RONIN-M】だとWiFi連携してスマホアプリでモニターできたりするんですけど、安価な故にこの辺は実装されておりません。これもまた調整しながら「慣れ」ていくほかないのです。

Feiyu Tech MG-V2

いろいろやって使えるようになるのが3軸ジンバル。しかし、これは機材だけの話でこれを使う人間も「慣れて」いかないといけません。

持ち方、歩き方も工夫と慣れが必要だ。

3軸ジンバルはティルト、ロール、パンの動きには対応してくれますが、上下運動に対するスタビライズ効果はありません。この部分は人間の方で対応するほかないのです。だから歩くときもカメラ側に上下運動が伝わらないようにしないといけない。「能」みたいな歩き方?スススーと移動する動きが求められます。このあたりの動き、持ち方も上手く撮影できるようになるために研究しております。





コメントを残す