風呂・ザ・キング…って何だ?ハード銭湯ロック!大阪☆春夏秋冬 Parody cover music Rainbow “Kill the King” OSAKA☆SHUNKASHUTO






風呂って素晴らしい。
大きな風呂は気持ちイイ。

銭湯って楽しい。

そんな日本独特の文化とハードロックの融合。
それが「風呂・ザ・キング」なのだ!

大阪☆春夏秋冬

ロケ場所は大阪市平野区にある「入船温泉」さんです。
たまたま繋がって、ご好意でロケ場所を提供してもらいました。
休業日の夜にサクっとワンカット撮影です。

そう、またワンカット撮影!

アイデアと準備、そして練習が必要な撮影方法。
でも、現場での撮影時間は短くてすむのです。

前回の「Kill the King」と同じくギタリスト小西さんにも登場してもらいました。

大阪☆春夏秋冬

ほぼ銭湯の全域を使って撮影しています。

女湯、男湯、おかまいなしだ。

ボイラーのあるバックヤードにも侵入だぜ!
縦横無尽にハード銭湯ロックを展開してきました。

大阪☆春夏秋冬

あろうことか照明も仕込んじゃった。
いつも照明をお願いしている奥村誠志郎くんだ。

銭湯でミラーボール回しました。

これは俺の希望でもあったのです。
彼が「ちょうど面白いサイズのがあります!」と持ってきてくれた。
けっこう、デカイよね?どうやって回すん?
いろいろ考えましたが、実にシンプルな回し方をすることにしました。

大阪☆春夏秋冬

撮影はSONY FDR-X1000Vというアクションカムで行いました。
防水ハウジングあるんで、お風呂でも撮影可能だ。

スマホでモニターしながら撮影です。

撮影セットは一眼レフとかいろいろ試行錯誤したんだけどね。
結局このカメラがベストであった。
手ぶれ補正も効くしね。

以前「C’mon!」MVの撮影でも使っています。
全編このカメラってのは初めてだね。

大阪☆春夏秋冬

撮影後はそのままスマホでモニターチェック。

WiFiでモニタリングできるのだ。

デジタルカメラにWiFi機能は当たり前になりつつあるね。

大阪☆春夏秋冬

映像を確認して動きや連携をチェックします。
なにせワンカット撮影だから、スタートしたら最後までカットはかからない。

プロ意識があればこそできるものだ。

それぞれ撮り方、動き方を把握しないと上手くいかない。

大阪☆春夏秋冬

自分の役割やポジションを理解しないと向上しない。
やみくもにやっても写ってなかったら意味ないしね。

大阪☆春夏秋冬

それにしても大きな風呂って良いなー。
風呂文化、銭湯文化、温泉文化・・・

日本人ほど風呂好きな人種はいない。

火山が多く、昔から温泉があるから培われた文化なのか?
和を尊ぶ国作りをしてきたDNAが育てた文化なのか?

大阪☆春夏秋冬

間違いなく言えるのは世界に誇れる文化だということだ。
温泉に入るたび日本人で良かったなーって思ったりします。

ああー、温泉に行きたい!

そう強く思う秋ですよ。
まずは入船温泉に行こう。




1件の返信

  1. Robert Walsh より:

    Video is gone? What happened??

コメントを残す