【生しらす丼】をたっぷりと!淡路島の食堂【渡舟】で食べる地元グルメ。



渡舟 しらす丼

淡路島で高波の襲撃】を受けたりした夏、この旅行はグルメ旅でもありました。

淡路島、名物グルメの生しらす丼!

渡舟】は地元の人も利用する食堂である。駐車場は10台ほど置けるだろうか?向かい側の小さな港にある駐車場を利用できる。お昼前に到着しまして、ちょっと混みだしたお店に入りました。生しらす丼、玉子汁つきを注文。一品モノも色々と置いてありました。どんな料理が出てきたのか?は動画を見てね。


淡路島は大阪、神戸から近くて行きやすい。この【渡舟】は明石海峡大橋を渡ったすぐの【淡路SA】からスマートICで高速から降りてすぐ。海沿いの街道沿いにあるお店でした。

地元の食堂って感じ。

「わたりぶね」と読むお店は地元の人も多数利用されていました。お昼はちょっと外した方が空いてていいかもしれません。

渡舟 しらす丼

生しらす丼は味は付いているので、味足りない時だけ醤油を使ってください、とのこと。ご飯に味が付いているのかな?それとも味付きの何かに浸して出しているのか?

ご飯少なめでちょうど良い。

生しらす丼は新鮮でないと出せない料理だ。しらすの美味しさも良かったが、ご飯も玉子汁も美味しかった。夏の淡路島グルメを堪能できて満足です。




コメントを残す